裏瓦

面白ニュース、ビックリ画像、海外記事、マスコミが伝えない事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“透明マント”に一歩近づく? 米大学が新設計

近い将来、諸君がずっと夢見ていたことを実現出来るかもしれない。

米大学の研究者が、従来よりもシンプルで広範囲に効く透明化の技術を開発した。「もしかしたら実用化につながるかもしれない」という。
ah_cloak.jpg

-IT media news-

着ると姿が見えなくなる透明マントを実現するかもしれない新技術を、米パデュー大学が開発した。

 同校は前にも透明マント技術を開発しているが、今回の新技術は以前の設計よりもシンプルで、すべての可視スペクトルの色に対応し、これまでよりも大きな物体を隠すことができるという。もしかしたら「変換光学」の実用化につながるかもしれないと研究者は述べている。

 これまでの設計は、「メタマテリアル」と呼ばれる人工物質を使用して、光の屈折率を1未満あるいはマイナスにすることで物体を透明化しようとしていた。メタマテリアルは複雑なナノファブリケーションが必要だが、新しい設計は、「テーパー状の導光板」を基にしたもっとシンプルなデバイスだと同校のウラジミール・シャラーエフ教授は説明する。導光板は通信機器などに使われている確立された技術という。

 このデバイスは、金でコーティングされた平坦なシートと曲面レンズで構成される。研究者らは、このデバイスにレーザー光線を当てて、その中心にある直径50マイクロメートルほどの物体を透明化したとしている。物体に光を当てると通常なら反射されてしまうが、このデバイスでは、川の水が石の周りを流れていくように、光は物体の周りを流れて反対側に抜けるという。メタマテリアルと同様に、このデバイスも光の屈折率を変えるが、レンズの曲面に沿って屈折率をゼロから1へと徐々に増やす。

透明人間(ユニバーサル・セレクション2008年第11弾)【初回生産限定】 [DVD]透明人間(ユニバーサル・セレクション2008年第11弾)【初回生産限定】 [DVD]
(2008/11/13)
クロード・レインズグロリア・スチュアート

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinobiya77.blog78.fc2.com/tb.php/41-698fb72b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。