裏瓦

面白ニュース、ビックリ画像、海外記事、マスコミが伝えない事など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車が通過すると発電する道路、英発明家が製品化


けど首都高ではすでに同じようなステムが採用済みだったり

200906191513m.jpg

-technobahn japan-
自動車が通過する際の衝撃エネルギーを利用して電気を発電するメカニズムを英研究者のPeter Hughesさんが発明し、「Electro-Kinetic Road」として製品化。クリーンでエネルギー手段として英地方自治体などを中心に導入する動きが拡大していることが17日までに明らかとなった。

この「自動発電道路」のメカニズムは非常に単純で、自動発電道路には自動車の通過時に生じる重みを利用してわずかに上下するような構造が組み込まれており、自動車通過時に生じる上下運動を内部でピストンを使って回転運動に変換。その上でその回転運動を利用してモーターを回して発電を行うというもの。

製品化された自動発電道路の場合、自動車の通行量によっては最大で30kWhもの発電を行うことが可能という計測結果もでており、ガソリンスタンド、パーキングエリアなどでの普及拡大が見込まれている。

スポンサーサイト

テーマ:新商品 - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shinobiya77.blog78.fc2.com/tb.php/71-21ff497d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。